アイある暮らし

AIその他テクノロジーと暮らしを優しく見守るブログ

激しくスマートスピーカーが欲しくなる動画5選

広告

 Google Homeが我が家にきてはや1ヶ月が経ちました。家電や照明器具を動かすには他にも機器が必要なのでまだそこまで存在感が発揮できていませんが、ひとつ言えるのは家の中で音楽が流れる時間が増えたということです。

  f:id:livelifeyoulove:20170723145721p:plain

 これは、各シーンに応じたプレイリストを用意しているSpotify(GoogleHomeが接続している音楽サービス)のクオリティの高さも大いにあると思うのですが、一言声をかければイイ感じの音楽を流してくれるという手軽さは我が家にBGMが流れる機会を明らかに増やしてくれています。

 さて、今回は実際にスマートスピーカーが家にあったらどんな暮らしになるのか、各販売元が提案してくれている動画を5本、ご紹介させていただきます。もちろん、販売元が各商品を紹介している動画ですので、これでもかと言わんばかりに素敵な使い方を、いやらしいくらいさりげなくしています。そんなことはわかっていても欲しくなると思いますよ。

Amazon Echo

 まずは最古参のAmazon Echoです。「実際にお使いの皆さんに聞いてみました」方式で進んでいきます。

 計算してくれる、ニュース/天気予報/交通情報などをを教えてくれる、買い物リスト、ジョーク、音楽などなど、一般的な使い方を次々に5組ほどのユーザー皆さんが効率よく紹介していきます。

  youtu.be

 使い方を紹介している人の中に、目の不自由な夫婦が出てきますが、これはホントに有効だと思います。目だけでなく、体が不自由で動きが制限される人々にとっては、スマートスピーカーは強い味方になると思います。

 

Google Home

 GoogleHomeのこちらのビデオはインタビュー的なものは一切なく、5組ほどのユーザーの暮らしの中の一コマ、的な感じで進みます。

  youtu.be

 途中、ケーキを作っている女性と喋るGoogleHomeが異様に流暢でビビりますが、GoogleHomeを通して電話を使う、というシーンになりますので、話している相手は電話の向こうの人間です。

  

WAVE

 続きまして、日本の誇るスマートスピーカー、WAVEの紹介ビデオ、と行きたいところなのですが、WAVEに搭載される音声アシスタントの「Clova」の紹介ビデオです。もちろんWAVEも出てきますが、スマホ、タブレット、カーナビなど、いろんな機器に載っているClovaが主人公になります。

  youtu.be

  日本語でのやりとりなので、より身近に自分の生活に投影できるんではないでしょうか?私的には、煮詰まったビジネスマンが「今日中に終わるかな」という質問に対し、「明日のあなたにやってもらいましょう。」なんて言うシーンがキュンとしますが、翌日、上司にこっぴどく叱られないか少々心配です。Clovaはおそらくそこまで考えてないので。

Home Pod

 続いて大御所AppleのHomePodです。HomePodは発表されて間もないからか、あるいはイメージ戦略的に生活感を避けているのかわかりませんが、シチュエーション提案型の動画は今のところ見当たりません。

 が、純粋にカッコいい動画です。欲しくなります。

  youtu.be

 

 Amazon Echo Show

 最後にまたまたAmazonEchoですが、「show」という単語が最後につきます。

「AmazonEchoShow」です。簡単に言うと画面付きのEchoです。画面のついたアドバンテージをグイグイ押してきます。

  youtu.be

  個人的には孫娘とおじいちゃんのやりとりがなんともたまらないです。絵の描き方を孫娘に聞かれて、こっそり声でEchoに描き方動画を求めるシーンなんかは、日常の機微をとらえていて、とてもいい感じです。

 動画の出来映えに関する評価はさておき、やっぱり画面が付くとさらに強力になりますね。PCやスマホの操作の煩雑さ、細かさにうんざりしてインターネットの恩恵を受けてこれなかった高齢者の方にもこれなら受け入れられそう、そんな気がします。

 

 

以上、5つの動画を紹介してきましたが、いかがでしょうか?アナタも日本語対応したスマートスピーカーの上陸が待ち遠しくなりましたか?